Official Blog

公式ブログ

マイアミボートショー・第2弾はセンターコンソール艇紹介

フロリダ恒例のボートショーは2月・マイアミ、10~11月・フォートローダデールショーが
代表されます。大型のモーターヨットを初め、フィッシャーマンは日本市場でもお馴染みですが
センターコンソール艇とアウトボード仕様、更に船外機の複数搭載と斬新なカラーリングは年々
派手になり、センターコンソール艇の市場性の豊富さを痛感されます。ボートショーでも展示場
は屋内外とマリーナの試乗会場を始め、メーカー、艇種の豊富さに圧倒されます。
日本ではセンターコンソールの市場はまだまだ限られてますが、船外機の高馬力化~複数基搭載、
昨今では複数基にジョイステック装備は当たり前。33~Fクラスに300~350hp・3基、
既にアンチローリング装置・シーキーパー搭載も検討されてるようでした。
35Fに350hp 3~4基・ジョイステック・シーキーパー搭載のセンターコンソール艇が
市販される時代に突入してきました。
14~15年マイアミボートショーからセンターコンソール艇を紹介します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ジョイステックでバックの写真。3基が異なった方向にコントロールされてます
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
イエローフィン・36F・ヤマハ300hp・ジョイステック装置・3基搭載で試乗。
6000回転・58ノットでもスプレーを蹴散らして完全滑走~
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
船外機のイメージ一新。各社、各様のカラーリングで楽しめます

以下の写真はセンターコンソールの紹介です
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
センターコンソール、船外機の一部の紹介です。情報はまだ沢山ありますがブログでは
限界です。機会を見ながら次回に紹介します。

私見ですがフロリダのマリーナでも係留は盛んですが、スポーツタイプや船外機、線内外基
等、中型艇は係留でも浮き桟橋を利用してマリーナ係留が多く見られます。日本のマリーナ
でも係留艇の一部に浮き桟橋を設けると中型、スポーツ、センターコンソール艇の利用も
期待できると思うのですが? 設備投資も必要になるでしょうが~どこかのマリーナで採用
になる事を期待しております。中国・深せんのマリーナでもかなり設置されてました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)