Official Blog

公式ブログ

2014年 RIVIERA ボートフェスティバル~サンクチュアリボートショー オーストラリア

2014年RIVIERA 日本正規総輸入元・八光ボーティング㈱の地区販売店の指定を受けて5月22日から
オーストラリア・ゴールドコースト・クーメラ工場と、サンクチュアリボートショーに視察に行ってきました。
現地は初秋とはいえ日本の真夏日の陽気で、サファーズパラダイスの海辺はサーファーが群れていました。
RIVIERA本社・工場を始め・2014年モデルが展示された自社マリーナのポンツーンには、36F~75F
クラスが展示され全豪のデーラーを始めインターナショナルのデーラー、オーナーで賑わっていました。
RIVIERAフェスティバルは連夜のパーティーとVIP招待のディナーパーティーは特設会場で豪華に、ショーを
見ながらエンドレスに続きました。
参加者一行は特別に工場内を案内されて~RIVIERA  BOATの製造工程の全てを丁寧にスタッフの説明を受け
ておりました。※特に私は場内が整理整頓されて工程単位の作業性を優先された場内と、ボート製造の
生命であるモールド造りと、モールドの管理、入念な手入れ、磨き~仕上げ~積層工程にはRIVIERAの
魂が息づいている事を確信しました※ RIVIERA は力強く~生きていました。

写真を順次ご紹介していきます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

RIVIERA 本社・工場の正門 ~ 左側が工場棟 ~ 500m先 奥が自社マリーナ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

RIVIERA ブランドに浸って~記念にショット?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

RIVIERA グッズと今回の入場AIPのパスカード~

P1080073

機密工場に潜入? 参加者は皆さん真剣でした

P1080082

「これって・燃料タンク、溶接箇所が?無いよ」 FRPとステンレス合体のワンピース成型です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピカピカに磨きあげられたモールドです。完成度を高めるのにはモールドはボートの生命です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モールドから~ハルの脱型です。モールドの型崩れを補う為の補強在もがっちりしてますね

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

FRPの積層工程の一部で平面、凹凸部も隙間も無く樹脂むらの無い積層仕上げです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フロア裏側の作業工程で配線部、トイレや排水ホースなどの工程部です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここでは~サロン・サイドガラスを取り付け、サロン等の作業が進められていきます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タンクです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボトムの清掃工程の一部(ピント? みずらいですか?)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

RIVIERAマリーナ展示会場 445SUV IPS モデル

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

530モデル

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

43FBモデル

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)